名劇SSブログ

世界名作劇場の二次創作SS(ショートストーリー)ブログです。※画像等の二次利用・無断転載はお断りしております。現在は「けものフレンズ」が中心となってしまいました。名劇関連は休憩中です(小説に出来そうなネタが無いです……スイマセン……)

文鳥の日と失敗……_:(´ཀ`」 ∠):_





今日は文鳥の日ということで…

IMG_1778_201810250203576b9.jpg
シロブンチョウさんを描いてみました。ブンチョウ…「けものフレンズ」でフレンズ化されているのかなと思って調べてみたら…フレンズ化されていないようで、ご本人様を描いた次第でございます。

さてこのブンチョウですが…数を減らしてきているってご存知でしたか? ペットショップに行けば必ずと言って良いほど販売されておりますが、それは大量に生産されているからです(嫌な言葉ですね…)。主な輸入先は台湾で、そこから輸入されてきたものがペットショップに並ぶわけです。で…このブンチョウさん、実は日本に居ません。逃げたものが定住した記録はありますが、日本の固有種ではないのです。なので日本に居るブンチョウさんは全て輸入されてきたものになります。日本でも飼育されているかもしれませんが、それも輸入されてきたものを飼育しているということになります。

そして、年々数を減らしているというお話しですが…大量に生産されているならどうしてと思われるでしょう。実はですね…この生産現場では(本当に嫌な言葉ですね)、「野生」のブンチョウさんをとっ捕まえてきて、工場に連れていき、輸出されるか…そこで生涯を終えるか…なのです。なので、野生の数が減ってきているんです。そうなるとどうなるのか…。飼われているブンチョウさんが必ずしも子孫を残すわけではないですよね…。そして、ペットにするために乱獲されているのです。そりゃ減るわなと…ええ…。飼われていた個体も子孫を残さず…逃げた個体も長くは生きられず…という、そんな状況なので、「ワシントン条約附属書II」に掲載されている動物になってしまいました。もしかしたら近い将来、動物園でしか見られないようになってしまうかもしれませんね…。

その「ワシントン条約附属書II」にはこう書かれています。まずは掲載基準として「国同士の取り引きを制限しないと、将来、絶滅の危険性が高くなるおそれがある生き物」と記されており、規制の内容としましては「輸出入には、輸出国の政府が発行する許可書が必要となる。 」と書かれております。なので…ペットショップで買えるからといって、気軽に触れて良いものではありません。家で飼育する以上はしっかりと責任を持ち、最後まで丁重に…大切に飼育して頂きたいものです。

政府の許可証が必要になる…というものが最近になって軽んじられている気がします。サーバルキャットでもそうですが、ネットでよく見るんですよね…条件さえクリアすれば誰でも飼えるって…そう書かれているんですよ…。そういうことを書く奴はサバンナのど真ん中に素っ裸で放り出してやろうかと…ええ…本当にね…。もうね、腸が煮えくり返ります…。

措いといて…

IMG_1779.jpg
今回も練習でね、背景を描いてました。主な練習内容はグラデーションと立体感ですね。まあまあそこそこ…良い感じではないでしょうか…ねえ…?

で、失敗なんですが…

IMG_1771_201810250203565c5.jpg
確認しなかった私がアホなんですがね…ええ…

IMG_1781_20181025020355a39.jpg
これの裏に描いちゃった…。古いスケブをリサイクルして、練習用に使っているんですが…お気に入りのパルメちゃんのイラストの裏に描いてしまうとは…やってしまった…。よく確認しないと駄目ですね…ええ…。鉛筆画はね…転写するので…下敷きとかに…。これからは気を付けようと思います…。

今回はこんな感じで、ではでは :)

 ちょこっと日記

0 Comments

Leave a comment