名劇SSブログ

世界名作劇場の二次創作SS(ショートストーリー)ブログです。

愛の若草レビュー:2






今日も雲の流れが速く、どよ~んとしてたり、カラッと晴れたりで猫の目みたいな天気でしたね、そんな中ご訪問、そして拍手ありがとうございます!ハウザーまでが尻尾を振っています!

はい、今回は第二巻ということで、ええと、スタートです






IMG_6406.jpg
「第五話 町が燃えてしまう!」より

IMG_6410.jpg
エイミーさんにデコちょんのジョオさん、エイミーさんなりに心配してることを話すのですが、それがどうしてもワガママに聞こえてしまうのです、なのでジョオさんはエイミーさんに「おバカさん」と言ってデコちょんします可愛い

IMG_6416.jpg
エイミーさんのお友達のバーバラちゃん、なんと疎開していってしまいます、思い出の品にとバーバラちゃんはエイミーさんにあるアイテムをプレゼントします、さてそこでクエスチョンです、そのアイテムとはいったいなんだったのでしょうか?

IMG_6422.jpg
チラッとスカートめくり、もうベスたんったら

正解の画像はありません(待て)、正解は魔法の洗濯ばさみでした、なんとこの洗濯ばさみ、鼻を高くするという能力があるそうです、ビックリですね~、驚きますね~

IMG_6424.jpg
そんなことより、砲撃の音が近くなってきました、逃げる南軍、追う北軍、どんどんとマーチさんご一家が住む町に迫ってきます

IMG_6429.jpg
そして次の日、鼻チョンって可愛いの

IMG_6430.jpg
バーバラちゃんは疎開先へと旅立っていきました、また会おうねと約束する二人、また会えると良いですね






IMG_6432.jpg
「第六話 さよなら ふるさと!」より、さらば地球よ

IMG_6434.jpg
マーチさんご一家もとうとう避難してきました、3マイルも離れた丘の上でキャンプする町の人達、エイミーさんとベスたんは運良く、お母様のご友人の方のテントに入れることに、これがまた女の子だらけで…、よし、見張りは僕に(黙れ)

IMG_6435.jpg
とうとう、町に火の手が上がりました、逃げていく南軍、それを砲撃する北軍、ここは合衆国、北軍は合衆国の軍隊、辛い現実ですね…

IMG_6438.jpg
町は壊滅、しかし、そこにひとつの希望がありました、なんとベスの親友であるピートが燃えていなかったのです、ピートを抱きしめるベス、彼女の心に希望の光が灯りますピートになりたい

IMG_6442.jpg
そして、お父様の勧めで今度こそ疎開することに、疎開先はお父様の叔母が住んでいるニューコードという町、汽車に揺られて旅をするマーチさんご一家、そこでクエスチョンです、ジョオさんとエイミーさんが汽車の連結部分に行ったとき、意外な人物に出会うのです、さあ、その意外な人物とはいったい誰なんでしょうか?

IMG_6445.jpg
クエスチョンはもういいですか、まあそう言わんと(やかましいわ)、正解はジョンでした、エクストリーム乗車を楽しむジョン、涼しくて快適だそうです、皆さんは決して真似しないで下さいね?、彼は訓練されてますので

IMG_6446.jpg
ああもう!むちむちほっぺ!






IMG_6448.jpg
このねえ、バスケットを抱えるベスたんね、可愛いの「第七話 おば様はいじわる!」より

IMG_6449.jpg
やっと到着ニューコード、「にゃ~ん」ってベスたん可愛い

IMG_6450.jpg
そしてこの方がお父様の叔母であるマーサ叔母様、お婆ちゃんです

IMG_6451.jpg
カーテシーをしてご挨拶するエイミーさん、このあと後世に残る迷言が飛び出します、名劇スタッフもまさかこのセリフが大人気になるとは思うまい…

IMG_6452.jpg
「エイミーはエイミーなんです、おば様」むすってもう可愛いの

IMG_6455.jpg
この"間"が好きですね、何だかんだでマーチさんご一家を追い返してしまうマーサ叔母様、でも、分からんでもないです、フレデリックが軍に入ることに反対し、そして、音信不通、手紙が来たと思ったら戦争が終わったら家と仕事を宜しく、おまけに家族を疎開させるから宜しくと一方的に言われたんです、無理もありません、それでも、マーサ叔母様は追い返したマーチさんご一家を呼び戻します、なにか思うところがあったのでしょう…、本当は優しい人なのかもしれません

IMG_6457.jpg
ねえもう可愛いの






IMG_6458.jpg
「第八話 お家を貸してください!」より、ミルキーさん、後でちょっとお話しが(黙れ)

IMG_6459.jpg
もうちょっと部屋を用意してくれてもいいんじゃない?とご立腹のメグたん、お金が無いわけではないのだしと、ホテル住まいを希望しますが、その希望は敢え無く打ち砕かれてしまいます

IMG_6460.jpg
遠いけど、おしり

IMG_6468.jpg
なんとマーチさんご一家、金銭的に苦しい状況なのです、お父様も軍からのお給金を全て送って下さるとのことですが、そのお父様が投資していた製靴工場が南軍に焼かれ、配当金が無くなってしまいました、だから倹約しなければねとお母様、その言葉に何か思うところがあったのでしょう、メグは真剣な表情でお母様の言葉を聞いていました

レビューらしいレビューですな、珍しい…

IMG_6469.jpg
わたし働くわとジョオさんに話すメグたん

IMG_6470.jpg
グッときたので

IMG_6478.jpg
まあ取り敢えずお部屋探さないとねってことで、ミルキーも吼えます






戦争で町が焼かれ、逃れてきた人々、その先に果たして安住の地はあるのだろうか

IMG_6479.jpg
次回、愛の若草物語、第三巻

若草の招待状を、あなたに…


今日のミルキー・アン

IMG_6480.jpg
ミルキー・アンはいじわる!





はい、結局アレにしました、時間があれば第一回目のやつも差し替えます、「ウチでしか見れないレビュー」というのはソコなんじゃないのか?と思いまして、ええ…、脳内で好きなキャラクターにナレーションしてもらって下さい、きっと頬が緩みまくります…フフフ…

それでは、また次回も宜しくお願い致します :)

 愛の若草物語レビュー

0 Comments

Leave a comment